1899年(明治32年)4月28日 開校 中1・2回

 1899年(明治32年)4月28日 埼玉県立第三中学校の開校式が行われ川中・川高の歴史が始まる。第1回の生徒募集は予定人数100名に対して150名が出願。4月20日の予備調査、21日の入学試験には143名が受験。成績佳良な80名を選抜。校長は、さらに特別試験を行うと同時に県と交渉した結果、定員増加と第2年組設置がが認められ、1年生80名、優秀な39名を2年生。計119名であった。開校時の職員は、校長 増野悦興 倫理。教務主任 和田亀之助 数学。教務部幹事 渡部斧人 体操。生徒取締 佐藤惟昇 国語、歴史。2年監督 古澤與總 英語。1年甲組監督 佐藤藤助 博物、地理、図画。1年乙組監督 水野澄治 漢文、作文。嘱託教員 中島協和 習字。剣道指南 星野仙蔵 剣道。会計庶務 志村巌。庶務 篠原豊洲。以上11名。

 4月下旬、新校舎が完成し、5月1日に授業が始まった。さらに5月28日新校舎二階の講堂で、文部大臣、文部省専門学校局長、埼玉県知事、埼玉県選出衆議院議員、埼玉県議会議長など500名以上が参加し開校式が行われた。