門班八月に入る ③

● 強い日差しを受けて、門班は行く。

今はなにやら内部構造に取り掛かっているようだ。

さながら、16世紀フランドルの画家ヨース・デ・モンペルの描いた

「バベルの塔」に描かれる職人たちのように、

淡々と、情熱をもって。

バベルの塔מגדל בבל‎)は、空想的で実現不可能なたとえとして比喩的に使われる。

だが、門班が取り組んでいる塔は、

まさしく現実的で実現可能な「くすのき門」なのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントはまだありません

Leave a comment

お名前 *
メールアドレス *
URL
コメント