旧制川越中学第一回生 ”合格体験記”

旧制川越中学校第一回卒業式は明治36年3月30日9時より挙行された。

第1回卒業生29名の進路先は以下のとおりである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

卒業したのち、卒業生が後輩たちにエールを送るのは今も昔も変わらない。

第4号の会報には卒業生から”合格体験記” のようなもの、が掲載されている。

ふたたび、一回生の岡田恒輔氏に登場していただくことにしよう。

 

『第一高等学校より』と記された在校生向けの便りの中に、次のような件りがあり、

身につまされる思いがする。

「・・・高等学校にて斯くの如くにしてさへ、猶ほ大學生に語学の力乏しとの議論ある日、

諸君に於いては、今一層英語に御出精の程肝要の事と奉存候。・・・」

 

いつの時代にあっても、多くの学生諸子が語学に悩まされていたことを知るに至り、

落涙を禁じ得ないのは、不肖の同窓子だけだろうか。

 

さらに受験するに際しての心構えとして

「・・・真面目に勉強さへすれば、五人に一人といふも、十人に一人といふも、

畢竟一人と一人との相撲なれば、さして困難なるものには無之由に御座候。・・・」

と後輩たちに向けて、エールを送られている。

心したいものである。

 

 

学友会会報 第4号 (明治37年4月発行)

「通信」より

『第一高等学校より』 岡田恒輔氏


 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、現役の高校生諸君は学年末考査も無事終了とのこと。

現役三年生諸君をはじめとし、これから受験を迎える人たちにおかれましては

岡田氏の言葉をお借りし

「・・・時節柄御自愛専一に御勉強の程祈上候、愚筆失禮に渉り候箇所は、何卒御容赦被下度・・・」

 

コメントはまだありません

Leave a comment

お名前 *
メールアドレス *
URL
コメント