在京初雁会創立60周年記念誌発刊

在京初雁会は、昭和28年(1953年)3月18日に初めての会合を銀座「ピルゼン」で開き、同年11月に矢部健次郎氏(旧制中学1回生)を初代会長として発足した。

当会の創立60周年記念として、平成25年10月に秋季散策会を主催、「東京湾クルーズ」を実施多くの同窓生に参加していただきました。

一方、これと並行して60周年記念誌発行の機運が高まり、編集委員で内容を検討した結果、設立経緯・歴史・活動状況等を記録としてこのたびまとめることができた。この中には、会報「鐘つき童」(昭和48年4月創刊号)も現存するものはすべて掲載している。このため、430頁を越える大書となっている。

母校同窓会が常設事務局の確立していない時代、在京初雁会が同窓会活動を側面から支援していただいたことがこの中から伺い知れる。

なお、ご希望の方は、在京初雁会事務局:大館廣(090-5569-0360)又は、同窓会事務局へご連絡ください。実費5,000円でお分けいたします。

在京60 のコピー

コメントはまだありません

Leave a comment

お名前 *
メールアドレス *
URL
コメント