平成25年度同窓会総会開催

5月26日、川越高等学校同窓会平成25年度定例総会が、川越氷川会館で開催された。午前10時。菊池副会長(高17)の開催の言葉で総会が始まる。田中同窓会長(高6)の挨拶、川越高校細田校長(高25回:写真)の挨拶、叙勲者記念品贈呈(写真)と会は進み、田中会長の議事進行(写真)で、岡部事務局長(高15回:写真)から平成24年度事業報告・決算報告・監査報告、平成25年度事業計画、予算などが提案され全会一致で承認された。

 

総会終了後引き続いて、加藤衛拡筑波大学教授(高26回)による「未来への森林物語―森を通じて社会的価値観の転換を考える」と題した記念講演があり、同窓会が社会貢献事業の一つとして取り組む「川高初雁の森」にも関連した内容もあり、皆さん熱心に聞いておられました。

懇親会の部では、現役生の活動報告やマスター甲子園出場報告、狭山初雁会の歌の披露、出席最年長の引間大先輩(中32回)の高砂披露などなど。応援部OBによるエールで校歌斉唱!懇親会は和気藹々のうちに終了した。

コメントはまだありません

Leave a comment

お名前 *
メールアドレス *
URL
コメント