文芸誌「武蔵野ペン」150号発行

同窓会報編集長の尾崎さん(11回)が発行者を務める川越ペンクラブの季刊誌「武蔵野ペン」が創刊号以来地域文化を支え続けて記念の150号を発行した。県内の文芸誌が広告を掲載せず150号まで続いたのは珍しいという。同会員は230名余うち川高OBは50名を超えるという。発行者で代表幹事の尾崎さんは「武蔵野ペンは会員の書きたい思いを活字に残し、書きたい人の発表の場としての役割を果たしてきた。150号を迎えることができたのも前代表の松本さん(中37)をはじめとする会員・同人の熱い思いがあったからだと思う。150号は一里塚。今後も長く続けていきたい」と同窓会室で話す。同会は会員を募集中(年会費は5,000円)。入会申し込みあるいは150号(800円)に対するお問い合わせは事務局(049-231-0837)まで。武蔵野ペン150号の記事は、朝日、毎日、東京、埼玉の各紙で取り上げられた。

各地でOBの方が地域貢献事業などに取り組んでいらっしゃいます。こんな活動をしている・・・など同窓会事務局まで情報をお知らせください。

1件のコメント

  1. 武蔵野ペン150号記念号発刊おめでとうございます。
     川越市で唯一の文芸誌「武蔵野ペン」は今年で150号の発刊を迎えました。川越ペンクラブの季刊誌として1975年に創刊号の発刊から数えて37年。川越の文化人が支えてきた文芸誌が新聞各社にも地方版の一面にも取り上げられ、やっと日の目を見ることとなりました。 俳句、詩、小説、紀行文、随筆、論文など格調高い内容が維持され続けたことは、ひとえに、それを影で支えてこられた方々の努力の賜物でもあると思います。 と同時に、川越の文化を今後さらに発展させていくたにも、若者達も遠慮なく投稿して頂ければと思っています。
     お求めは川越市内の書店で500円。ご覧になりたい方は図書館、公民館で手にとって頂きたい。なお、自分は「思想家吉本隆明私論」として連載を続けている。併せてご紹介させて頂きます。


    コメント by 嶋村伸夫 2012年12月12日 @ 10:10 AM

Leave a comment

お名前 *
メールアドレス *
URL
コメント