『初 雁』 高校三回生句集 (PDF)

 

高校三回生句集『 初 雁 』

 

高校三回生が刊行された『おーい、くすの木よ』の中に、佐藤徳四郎先生、通称トクさんという漢文と国語の先生がしばしば登場する。とにかく猛烈な先生で、夏休みの宿題に、まだ目を通したこともない論語や源氏物語を指定し試験に出題するという。教えるというより、自ら本を読み、調べることを習慣づけられたそうで、当時はひどい先生だと思ったが今では感謝の念でいっぱいであると、戦中戦後の旧制中学校から新制高校のあわせて六年間にわたり指導を受けたという方が後に述懐されている。

そのトクさんは俳人でもあり、授業の一環として俳句の宿題を課し、俳句誌「獺祭」に川越高校生徒作品欄をつくり、多くの作品を載せていたという。本校の俳句の源流ともいえる。その薫陶を受けた高校三回生の方々が昭和50年(1975)に刊行されたのがこの句集『初雁』である。

『 初 雁 』 第三回卒業生句集(225頁) PDF

コメントはまだありません

Leave a comment

お名前 *
メールアドレス *
URL
コメント