令和元年度第3回「川高初雁の森」事業部会開催

令和2年1月21日、令和元年度第3回「川高初雁の森」事業部会が飯能市で開催された。市川事業部会長の挨拶で始まり、飯能市から植樹地の状況について説明があり、相変わらず獣害はあるものの、植樹は順調に生育している旨報告があった。

令和2年度の事業計画については、

 6月14日(日)に「育樹祭」を現役生と共同作業で植樹・下刈り・歩道整備を行うこと。

 9月25日(金)下刈り作業を行うことが提案され承認された。

歩道整備に関しては展望デッキまでの階段状の歩道についてウッドチップに代わりウッドブロック(下記写真参照)を敷くことが提案され承認された。また、第13回本多静六賞に飯能市から推薦されたことも報告された。

 

1月8日、初雁の森に渡辺事業部会幹事長と行ってきました。歩道に敷くウッドブロックの試し作業です。あいにくの雨で名栗湖は満杯状態。台風19号により崖崩れなど初雁の森は幸い無事でしたが周辺は酷い有様でした。初雁の森入り口左側は猪により荒らされていましたが寒桜が咲いていました。

 

歩道補修作業

コメントはまだありません

Leave a comment

お名前 *
メールアドレス *
URL
コメント