旧制川越中学校のNHK連続テレビ小説化を期待!

◎ かつて芥川賞候補にもなった小説家 打木村治氏(中20回)の著作の中に

「天の園」「大地の園」という作品があります。

旧制川越中学校時代を過ごす主人公「保」と母「かつら」を取り巻く

家族、地域、教育を通した成長物語であり、

大正時代の川越、入間、東松山、狭山、飯能などの舞台を活写した

100年前の青春物語です。

何年も前から話題になっておりますが、

ぜひともNHKの朝ドラ化の候補にしていただきたいと思っております。

 

 

 

コメントはまだありません

Leave a comment

お名前 *
メールアドレス *
URL
コメント