人形劇 『大地の園』 ご案内

人形劇団・ふたり公演 『大地の園』

打木村治著『大地の園』の中から、川越中学時代の保(主人公)を中心とし、東松山・川越・入間を舞台にする人形劇公演。

「人形劇団・ふたり」 は、室田収二、室田朱美さんたちによる人形劇団。

*当日は、シャンソン歌手鈴木恵津子さんの歌と人形劇の二本立てです。

 

日時:11月17日(金)13時30分~

会場:川越クラッセ6階

主催:食の会 歌の会

入場料:1,500円


 

 

 

 

 

 

 

打木村治氏  (1904~1990)本校川越中学校第20回卒(大正11年3月卒)

日本の作家。児童文学作家。埼玉県比企郡唐子村(現東松山市)育ち。早稲田大学政治経済学部卒業後、大蔵省勤務の後文学活動。1937年『部落史』で芥川賞候補。1972年『天の園』で芸術選奨文部大臣賞、1976年児童文化功労者、1978年『大地の園』で日本児童文芸家協会賞。

 

『大地の園』                                                     現在のくすの木と現役生



 

コメントはまだありません

Leave a comment

お名前 *
メールアドレス *
URL
コメント