門班八月に入る

門班の活動もいよいよ八月に入り、緻密な作業を重ねる。

できあがった後の全体の姿を想い描きながら、細部にわたり緻密な作業を追い求めていく。

完成するのはいつか、最後まで手を緩めることはない。完成が終わりではない。

くすのき祭でのおもてなしを終えると、翌日にはその威容を示す門は姿を消す。

花火は打ち上げたあとも、その消え入る姿に美を見いだす。

門班の仕事は花火師の仕事に似ている。そのプロセスをご覧いただきたい。

 

 

 

 

 

門班の夏の制帽はヘルメットである

 

 

 

 

コメントはまだありません

Leave a comment

お名前 *
メールアドレス *
URL
コメント