岩崎勝平・没後50年展開催

岩崎勝平氏は、埼玉県立川越中学校第21回卒業生で、東京美術学校(現・東京藝術大学)では藤島武二に学んだ。

昭和11年に「小憩」で文展初入選を果たして以降、人物画を主体に官展画家として活躍した。

経済的には恵まれなかったが、評論家・河北倫明や小説家・川端康成などと交流を続けた。特に、川端康成からは「神様絵書き」と称され、墓銘を書いていただいた。

展覧会の概要は以下のとおりです。

1 開催時期 平成26年4月26日(土)~6月15日(日)

2 場所   川越市立美術館 川越市郭町2-30-1

電話:049-228-8080

3 入場料  大人:500円 大高生:250円

岩崎勝平1 のコピー

コメントはまだありません

Leave a comment

お名前 *
メールアドレス *
URL
コメント